顔の色々な部分に発生する下垂を改善可能な医療ハイフ

人の顔の肌は主に加齢によって、垂れ下がるようになることが多いです。その下垂を改善するための方法のひとつとして、医療ハイフというものがあります。医療ハイフは超音波を使った施術方法で、高い密度を持った超音波を発生できる専用の機械を用います。顔の皮膚の下垂は、皮膚を支える土台部分の力が弱まって重力に逆らえなくなることと、皮膚が伸びてしまうことが大きな原因です。医療ハイフは、その伸びてしまった皮膚の状態を変化させるための施術です。

下垂を改善可能な医療ハイフ

医療ハイフの高密度の超音波は、狭い範囲をピンポイントで狙うことができます。そうして、特定の部分のみに熱を発生させられます。その熱を、肌の土台部分であるSMAS層というところに発生させます。SMAS層に含まれるたんぱく質は、熱が与えられると収縮する性質があるため、伸びてしまった皮膚もそれに合わせて縮みます。そのようなメカニズムで、下垂が改善できるわけです。さらに、熱の発生によって血行を促進し、周囲の肌細胞が活性化させ、垂れ下がりにくい元気な肌にすることも可能です。

その医療ハイフの大きなメリットとしては、施術そのものが比較的簡単だという点が挙げられます。本来顔の肌の下垂を改善するためには、外科的な施術で、顔にメスを入れなければなりませんでした。しかし、医療ハイフは表面から器具を当てるだけで、肌の奥の方にあるSMAS層に働きかけることができます。施術時間はおよそ1時間程度で済む上に、切開をしないため、傷口が回復するのを待つ必要ももちろんありません。場合によっては多少の炎症が発生したり熱を持ったりしますが、そのほとんどは短期間で回復します。

また、医療ハイフは、顔全体の下垂に対応することができます。医療ハイフでは、超音波を発生させるカートリッジという部分に色々な種類があり、出力を変えられます。また、皮膚に当てる部分の形も変更可能なので、凹凸のある顔でも対応しやすいです。したがって、施術を受けるクリニックでは、下垂ができやすい頬や目の下、額など、気になる部分だけを指定可能な場合が多いです。